So-net無料ブログ作成

バリバラ「笑いは地球を救う」生放送!

史上2番目の高視聴率とやらだった某日テレの某有名番組の裏で、昨年に引き続きまたもやってくれましたNHK大阪!

とにかくこのバリバラという番組、日曜19時のEテレというただでさえ超マイナーな枠で、聞いてびっくりする様な低視聴率にも関わらず6年も続いているという(当初は金曜夜でしたが)知る人ぞ知る怪放送。

特に去年と今年の8月最終週は、冒頭に挙げた有名番組を露骨にパロディー化し問題提起するという快(暴)挙に出て私の様な一部のひねくれ者から絶大なる喝采を浴びています。

「障害者が頑張って何か面白いの?」…良識アル人なら凍りつく様なセリフを当の障害者自身に語らせてそれを生放送で流してしまうこの番組の破壊力!!

「バリバラがなくなることが僕等の目標」とは司会者の弁。

全くその通りだと思います。こころのバリアフリーがこの国にあまねく広まれば、こんな番組は必要ないのです。もちろん、そうなる前に日テレの方の番組は一足早く役目を終えることでしょう。

すいません、本当~に超低視聴率なのでほとんどの方は1ミリも話が読めないことと思います。

欠片でも興味が湧きましたら、日曜19時、地デジ2チャンネルを一度御覧になってみてください。

nice!(47)  コメント(12) 

緊急措置入院

何かと話題の措置入院に「緊急」が加わるなんて余程の大事かと思われるかも知れませんが…

本来、措置入院というのは本人の意思に反して、ある意味人権を停止して強制的に入院していただく制度ですから、2名の精神保健指定医が一致して「要措置」=「自傷他害の可能性が高い」と判断しなければ実施してはならないと法律で規定されています。

それに対して、例外的に1名の精神保健指定医の判断で可能なのが「緊急措置入院」という入院形態です。

夜間・休日等でどうしても指定医2名が揃わないという状況は、残念ながら、普通にあり得ます。それでも、「とてもこの患者さんは今帰すことは出来ない」といった事態に遭遇した場合、まずは1名の指定医の判断で「緊急措置入院」とし、72時間以内に正式な措置鑑定を行う、という方法を取ることが可能です。

今日、私はこの「緊急措置入院」後72時間以内の正式な鑑定(別名:措置再診察)を依頼されました。「電車に飛び込んで幸運にも無傷」といったケースでした。これでは確かに、おいそれと帰すことは出来ませんよね?

もちろん、再診察で「不要措置」となれば措置入院にはならない(退院となるか別の入院形態に切り替える)のですが、本日の場合は2名の指定医の意見は一致して「要措置」でありました!

nice!(49)  コメント(12) 

福留孝介40歳

去る8月9日(水)、今年2度目の東京ドームへ行って参りました(前回は能見さん先発で負け)。

この日、2塁打2本3塁打1本の大活躍だった福留選手、特に9回表の3塁打は起死回生の同点打であっただけでなく、もしも3塁まで進んでいなかったらその後のロジャースの決勝犠飛もなかった訳で…

案の定、その激走が祟って翌日・翌々日は休養日となってしまいましたが(笑)。

嘘です、今年のタイガース、福留選手の身体には本当に気を遣っていて積極的に休養日を設けているのです。

その休養日明け、12日(土)の横浜戦は同点打、決勝本塁打(通算250号)と全打点を叩き出すこれぞまさに福留デー、勝ち星こそ挙げられませんでしたが能見投手久々の(本当に!)粘投に報いる大活躍でした。

ちなみに上記2日でサイクル安打を達成した…なんてことは、誰一人考えてすらいませんよね、もちろん、御本人も!!

nice!(45)  コメント(6) 

雪山遭難

「これはまたエラく季節外れな」と思われたかも知れませんが…

一月末から山で行方不明だった友人が、最近の大雨や高温の影響で融けた雪の下から発見されました。

その様な経緯なので遺体には損傷もなく、ほぼ亡くなったときそのままの状態であったそうです。

先月末に行われた葬儀には診療の関係で出席出来なかったのですが、一昨日、御実家を訪ねお線香を上げさせていただきました。

比較的近くに妹さん達がお住まいとはいえ、広い御実家に一人残されたお母様のお姿はあまりにも寂しそうで…

今はただ、御冥福を祈るしか出来ない私です。

nice!(46)  コメント(7) 
メッセージを送る