So-net無料ブログ作成
検索選択

マインドフルネス…

については、何年か前にも一度触れた記憶がアルのですが、改めて。

最近はトップアスリートの多くがセルフコントロール法として導入していることでも話題になっているこのマインドフルネス、ひとことでいってしまうと「日本の禅に着想を得てアメリカで開発された瞑想法(メディテーション)の一種」といったところ。

その根幹は実に簡潔で、「過去を反芻するとうつになる、未来を反芻すると不安になる、だから、今(現在)に集中する」、これだけです。

具体的には自分の身体、中でも呼吸を強く意識することで上記の達成を目指します。

専用の音源(日本語版)もアルのですが、何もなくても、この記事だけの情報でも、充分に実践出来そうな気がしませんか?

実際、散歩しながら、なんて遣り方でも効果を挙げられることが知られています。

皆様の精神衛生の一助として、多少なりとも御参考となれば幸いです!
nice!(53)  コメント(14)  トラックバック(0) 

nice! 53

コメント 14

きゅんぱち

拙方の仕事場に、40代男性で、普段は要領よく集中力をもって仕事をこなすのですが、大概同僚とのカミシモを付けることがキッカケとなって感情や思考のコントロールが利かなくなり、ワメキながら仕事場からバックレちゃって1週間ぐらい仕事に出てこなくなるっていう輩がいるんです。
ややボーダーラインなのかなって感じなのですが、今回トモミ先生がご紹介の瞑想法が有効って感じなんですが、いかがでしょうか?
by きゅんぱち (2017-02-21 14:50) 

ナビパ

精神衛生に良いのがいいですね。
サラリーマン何かと気をもむので。。。
by ナビパ (2017-02-21 15:01) 

okko

一度、コメントを書いたのですが、認証コードが違う、蹴られてしまいました。なんでやろ?

現在だけに集中して物事を考えよ、一口に言えば、そういう瞑想法ですね。ワタシ如きに当てはまるかどうか、未来は不安だらけですが、トライしてみます。
by okko (2017-02-21 15:09) 

OJJ

ここ2,3日食うものは有りますし、持て余すほど暇でもない!この程度で良いですか?
by OJJ (2017-02-21 21:51) 

Baldhead1010

お釈迦様の悟りも呼吸法にあるようですね。

自分が今息をしていることを、そのことばかりを思えば要らぬ雑念が湧かぬと。
by Baldhead1010 (2017-02-22 04:50) 

Loby

脳の働きというか、精神の働きについてはまだまだ未知の分野が多いと聞きますが、スポーツの分野ではかなり研究が進んでいるようですね。
って、これ、昔から一流の武芸者などが長年の修練の末、得ていた奥義などとあまり変わらないようです^^;

by Loby (2017-02-26 06:16) 

SpeedBird

過去を反省して未来にありたい姿があってだから今すべきこと、教科書通りに導き出せる今がいつでもあるわけじゃいですもんね。
by SpeedBird (2017-02-27 00:08) 

トモミ

*きゅんぱっつぁん…もちろん、御本人に会わない限り本当のところは何も分かりませんが、その方の場合は衝動性のコントロールに問題がありそうなので、「ちょっと違うんじゃないかな?」というのが正直な感想です。
by トモミ (2017-02-27 18:16) 

トモミ

*ナビパさん…すまじきものは、ですよね。お察し致します!!
by トモミ (2017-02-27 18:17) 

トモミ

*okkoさん…本当に、この記事に書かれた程度のことを日頃こころ掛けるだけで、随分と気が楽になること、アルと思いますよ?
by トモミ (2017-02-27 18:19) 

トモミ

*OJJさん…衣食足りて礼節を知る、ちょっと違うかな(笑)?でも、いいと思います、それで!
by トモミ (2017-02-27 18:21) 

トモミ

*Baldhead1010さん…まさにおっしゃる通りです。それこそ禅が元ネタですからね、マインドフルネス。
by トモミ (2017-02-27 18:22) 

トモミ

*Lobyさん…多分、その通りなのでしょう。だからこそ、多くの経営者やアスリートが取り入れている訳ですよね?
by トモミ (2017-02-27 18:23) 

トモミ

*SpeedBirdさん…兎角、人って面倒に出来てますよね(自戒を込めて)!!
by トモミ (2017-02-27 18:25) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
メッセージを送る