So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

精神保健福祉法改正問題

ことの重大さの割にマスコミ以外の世間の関心が意外なほど薄い「共謀罪」問題の陰で、精神保健福祉法の改正が暗礁に乗り上げていることは、更に知られていないのではないでしょうか?

そもそもの発端は、今回の改正を「相模原大量殺傷事件の再発防止」と位置づけて来た政府の姿勢に起因しています。

本来、精神保健福祉法は患者さんの人権を守る為に作られた法律で、我々精神保健指定医は入院告知の際にはその旨充分に説明しています、たとえ心神耗弱状態にある様な方に相対しても、必ず、です。

それを「犯罪抑止」を理由に改正するというのは法の趣旨を「全く」理解していないとしかいい様がありません。

その程度の人権意識を持った連中が国を動かしている、ということを理解した上で「共謀罪」を見ると、少なくとも「関心を持たない」といった姿勢は本当にいかがなものかと思うのですが。

特に若年男性に「賛成」が多いという現実に対しては、「草食化、ここに極まれり」の感を強くせざるを得ません。

最早コメントする気力すら湧かない自分が心底嫌になってしまう今日この頃であります(苦笑)。

平野美宇は凄い!!

1年ちょっと前に全く同じタイトルの記事を書いた身としては本当にうれしい限りです。

平野美宇選手(17)が、卓球アジア選手権女子単優勝を、世界ランク1・2・5位の中国選手を3タテして達成―それも完全アウェーの敵地で―したニュースはお聞き及びのことと思います。

平野選手といえば、これまで「みう・みまのリオ五輪に出場出来なかった方」という扱いさえされて来た訳ですが、そのどん底があったからこその今回の快挙といういい方は、個人的には好みではありませんが、紛れもない事実でアルことは認めざるを得ません。

屈辱をバネにして飛躍する、口でいうのは簡単ですが、それを実現するのは並や大抵のことではありません。

努力は必ず報われる…訳がないじゃないですか!

世間では早くも「東京五輪の金メダル候補」扱いといった掌返しが起こっていますが、持ち前の強気と明るいキャラで受け流してくれることを願っています、いや、彼女なら大丈夫だとは思っていますが(笑)。

東京の桜は…

今日の花散らしの雨で完全に終わりを迎えそうですね?

開花後の冷温の為、満開まで12日もかかるという異例の展開に加え、土日はことごとく荒天に見舞われるという不運も重なり、平日に人手が殺到したそうですが。

かくいう私も先週の水曜日、よせばいいのに(笑)、千鳥ヶ淵まで足を延ばしてしまいました。

具体的には、九段下で地下鉄を下りて雲林坊の「汁なし担担麺」で腹を満たしてから、御堀に沿って半蔵門(MXテレビ)まで歩き北の丸公園を回って九段下に戻るという大回遊コース。

確かに人は多かったですが、いってもそこは平日、不快な思いをするまでの混雑には至っていなかった印象。ただし、ボート乗り場の行列はとんでもありませんでした、「あれ、マジで何時間待ちなんだろう?」って位に。

肝腎の桜は概ね満開ではありましたが、今年の特徴として、木によって随分開花具合が異なっていた気がします。我が家の近所でも同様な傾向がありました。何か理由があるんですかね?

どなたかお詳しい方がいらしたら、是非、御教示いただけるとうれしく思います。

フィギュアスケート中継は生に限る!

表題はかねてよりの個人的な主張なのですが…

今回の世界選手権ヘルシンキ大会男子シングルフリー、たまたま実家に帰ったら丁度羽生選手の登場場面でTV画面の片隅にはLIVEの文字が。

その後の映像は皆さん御存じの通り、圧巻の演技を目の当たりにする幸運に恵まれました。

やれば出来るじゃないですか、CX!いつもの録画のくだらない演出が一切ない中継、これですよこれ!!

フィギュアスケートは誰が何といおうとスポーツなんですから。

尤も、時差を考えると、この時間帯(日本のゴールデンタイム)に開催された裏にはジャパンマネーの暗躍が?

いや、だとしたら想像以上に凄いことが起こっているのかも知れませんが(笑)…

いずれにしろ、この風潮こそが本流となることをこころの底から願った私でありました。

ハリルJ、W杯出場へ大きく前進…

したのは紛れもない事実ですが(グループB首位浮上)。

新星久保裕也の急成長・大活躍に加え、香川・岡崎も健在振りをアピール、更にはGK川島の完全復活と並べ立てればいいことばかり!

…なんて浮かれられたら、幸せですよね(苦笑)。

そもそも、「ダントツの最下位相手にGKが目立つ試合してどうするんだ!!」って話です。

個人的には元フロンターレの川島のスーパーセーブは見ていて本当にうれしいです。W杯予選は結果が全て、これも間違いなく正論です。でもね…

まぁまずはどんな形でもとにかく予選を突破しなければお話にならない訳ですが、そして、今後、油断などある訳はないと信じてはいますが、前途はまだまだ多難といわざるを得ないと思っているのは私だけではないでしょう?

宮古島へ行って来ました!

天気予報はあまりよくなかったのですが、「沖縄の予報は当たらない」という格言通り、ほぼ、好天に恵まれたいい旅でした。

まぁ2泊3日じゃ出来ることは限られてますが、行けるだけ幸せと思わなければ罰が当たりますよね!!

「東洋一」と謳われる与那覇前浜に立地する宮古島東急ホテルに滞在しましたが、さすがに「東洋一」は大袈裟な気が(笑)…

でも、キャッチフレーズって大事ですよね、それで決めてしまう私の様な輩が居る訳ですから。

出発の前日、実はSTIの納車がありました。一日も早く乗りたかった(慣れたかった)ので、敢えて、旅行を気にせず最短の日程を選んでしまいました。当日のドライブはお彼岸渋滞でエラい目に遭いましたが(苦笑)。

そして昨日、今月3度目のナポリアイスに行って来ましたが、もう、ジェラートの種類が半分以下になっていて、実に寂しい思いを致しました。閉店の月末までにあと1回は行きたいのですが、どうなることやら?

成績評価問い合わせ

多分、何処の大学でも同様の制度はアルと思うのですが…

私が講義をしている大学では、年2回の学期末には、学生が自身の成績について教員に問い合わせる、要は異議申し立ての制度があります。

個人的な経験からすると全くないことも多いのですが、今回は1件ありました。

曰く「8割程度の講義に出席し、試験も6割程度出来たはず」と。

ところが、よくよく見ると評価は「不合格」ではなく「評価不能(受験していない)」となっています。

学籍番号から推測して卒業がかかっている学生と思われましたので、真剣に答案紛失等の可能性を考えましたが、学務課に問い合わせると「その学生は他の先生にも全く同様の訴えをしているので、実際に試験を受けていない可能性が高い」との回答が。

だったら、こちらに回す前に学生に確認をするべきじゃないでしょうかねぇ(苦笑)?

ちなみに我が母校、慶應義塾大学では学生に対し「問い合わせ制度は嘆願ではないので、嘆願的な内容が含まれている申請は受理しません」と周知しています。

実際にアルからこそわざわざ周知しているのでしょうが、笑うしかありませんね!!

「ジェラテリア・ラ・ナポリ四谷店」閉店!

四谷店閉店、と書きました(↑)が店員さんに直接聞いたところ現在四谷店しかないそうで…

慶應病院から徒歩圏の同店は、私が大学在学中から愛用して来たイタリアンジェラートのお店。

2月に行ったときには何もなかったのに昨日行ったら入口にタイトル通りの「張り紙」が。

ネットで調べると「同時にオンラインショップも休止」ということで大丈夫なんだろうか、親会社の(株)ナポリアイスクリーム?

何であれ、最近も月一位はアイスを食べる為だけにわざわざ車で乗りつけて来た私(←バカ)としてはあまりのショックに言葉を失いそうです。

昨日も次から次へとお客さん来てたんですけどね、最近、値上げも続いてたし、採算が急激に悪化でもしたのでしょうか?

取り敢えず、閉店前の3月中に行けるだけ行こうとは思っているのですが。

誰か、事情を知っている方がいらしたら教えていただきたいです、真剣に!!

それほど好きでした、なくならないで欲しいです、今更どうしようもないのでしょうが…

50代Jリーガー誕生&新「卒」採用。

キング・カズこと横浜FC三浦知義選手は、2月26日、今シーズンJ2開幕戦に先発出場し、自身の持つJリーグ最高齢出場記録を50歳0日に更新しました。

試合後のインタビュー会場に上下ピンクのスーツ(胸には真紅の薔薇!)で登場した姿にはぶっ飛びましたが(笑)…

一昨年の冬、寒風吹きすさぶ横浜FCの練習場で怪我からの復帰を目指し地味~な個人練習を繰り返していた彼をこの目で見ていますので、今は唯々、その努力を讃えたいと思います。

話変わって、「森下仁丹は今春、50代の新卒採用(正社員)を実施する」とのニュースが!!

「定年はどうなるんだろう?」「そもそも50代の新卒って?」といった素朴な疑問もありますが、今後、こういった流れは加速していくのでしょうね、もちろん、いいことだとは思います、「若者の雇用を奪うのでは?」というのは近視眼的過ぎる見方でしょう。

時代は今、50代?

マインドフルネス…

については、何年か前にも一度触れた記憶がアルのですが、改めて。

最近はトップアスリートの多くがセルフコントロール法として導入していることでも話題になっているこのマインドフルネス、ひとことでいってしまうと「日本の禅に着想を得てアメリカで開発された瞑想法(メディテーション)の一種」といったところ。

その根幹は実に簡潔で、「過去を反芻するとうつになる、未来を反芻すると不安になる、だから、今(現在)に集中する」、これだけです。

具体的には自分の身体、中でも呼吸を強く意識することで上記の達成を目指します。

専用の音源(日本語版)もアルのですが、何もなくても、この記事だけの情報でも、充分に実践出来そうな気がしませんか?

実際、散歩しながら、なんて遣り方でも効果を挙げられることが知られています。

皆様の精神衛生の一助として、多少なりとも御参考となれば幸いです!
前の10件 | -
メッセージを送る